うずまき舎について

うずまき舎は2014年3月に開店しました。
便宜上、
「本屋」
と名乗ってまいりましたが、
近頃では、それも違うようか気がしており
つまりは何屋、
とも言い難いのですが、
かろうじて、
なんらかの物語を売っている店である
というのは確かなようで。

たとえば

どこかで誰かが、山の上にあるあの妙な店に行ってみようと決心する
その
道すがら
何を見て、何を考えて、何を感じるのか。

ガタつく引き戸の重さ
コーヒーの湯気
本のにおい

そういう記憶を
自ら求めた本にはさんで
また山を降りていく

おうちに帰って、本を開く時
さらには1年後、10年後
再びその本を開いた時

そのすべてがうずまき舎なのだ。
などと言ったらやや大げさでしょうか

道中狐に化かされるかもしれません
店にたどり着いた時
店主はうっかり船をこいでいるかもしれません。

とはいえ

みなさまのご来店をおまちしています。